ガン細胞は熱に弱い?

ガン細胞は熱に弱いという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

確かにガン細胞は42.5度以上になると死滅します。じつは、同様に正常細胞も42.5度以上になると死滅してしまいます。

ですからガン細胞だけが熱に弱いということはありません。

では、なぜ温熱療法でガンが消失したり縮小するのでしょう?

正常な組織の血管は自律神経のコントロールを受け、熱を加えられても血管を拡張させて血流を増やすことで車のラジエーターのように熱を逃がすことができるため、正常組織は高温にならないのです。

一方、ガン細胞が自ら作り出した腫瘍血管は、神経支配を受けていないため加温されて温度が上昇しても血管を拡張させ熱を逃がすことができません。

そのため、腫瘍組織は簡単に高温になって死滅してしまうのです。