こんにちは。

横浜サトウクリニック

院長の佐藤忍です。

末期のガン患者さんのように、免疫のバランスがかなり崩れてしまつている場合、生活習慣の改善だけでは、なかなか免疫のバランスを正常化させるのは難しいのが実情です。

そこで、なんらかの方法によって、ガン患者さんの免疫のバランスを正常な状態に戻し、免疫細胞を活性化させようというのが免疫療法です。

ただ、ひとくちに免疫療法といっても、免疫細胞療法、樹状細胞療法、ワクチン療法、サイトカイン療法、生体応答調整剤 (BRM)療法、抗体療法、遺伝子療法など、さまざまな治療法が存在しています。

「丸山ワクチン」や「ハスミワクチン」といった名前を聞いたことのある人は多いと思いますが、これらはワクチンを使うことでガンを治療しようというワクチン療法で、これらも免疫療法の一種なのです。

免疫療法の最大の特徴は、患者さんがもともと持っている免疫力を活性化することでガン治療を行うため、抗ガン剤などの化学療法や放射線治療などと違い、副作用がほとんどないことです。

当然、治療によって痛みが生じるようなこともありません。

治療効果については、治療法によって違いますが、高い治療効果を上げているものもありますので、免疫療法を検討する際は、事前によく医師に確認してから治療を受けることをおすすめします。