こんにちは。横浜サトウクリニック院長の佐藤忍です。

私たち人間の身体では、いま、何が起こっているのか?

一説によれば、

わたしたちの身体は、60兆個もの細胞でできていて、

そのうち、3000~4000億個の細胞が毎日死んでいき、

それとほぼ同じ数の細胞が生まれていると言われています。

このように、私たちの身体の中では、日々新しい細胞が生まれているわけですが、なかには遺伝子異常などの要因によって、異常な細胞が生まれてくることがあります。

たとえば、放射線を浴びることによって遺伝子の一部が傷つけられ、異常な細胞が生まれることがあります。これがガン細胞です。

健康な人でも、毎日3000個から5000個のガン細胞が生まれていると言われています。

ところが、誰もがガンになるわけではない。

なぜかというと、私たちの身体の中には、変化した遺伝子を監視する仕組みや、傷ついた遺伝子を修復する機能、異常な細胞が増えることを抑え、取り除く機能があるからです。

しかし、

異常な細胞がこの監視の目をすり抜けてしまうことがあります。

その結果、異常細胞が増殖し、身体に害を与える悪性腫瘍となるのです。

簡単にお伝えすると、

これがガンになるメカニズムです。