一人でたたかわないでください。

必ずご家族を同伴して診察室へ一緒に入っていただき、同じ情報を共有してもらうようにしています。

一緒にたたかっていただくために

患者さんにいろいろな話をしたとしても特に具合が悪い人や高齢者であると、ご家族にうまく伝えられずに情報伝達の食い違いが起こる恐れがあるからです。また同伴するご家族も毎回変わると最初からお話ししなければならないので、必ず同じ同伴者に来院していただいています。

笑顔で帰っていただくために

患者さんが不安に思っていることをお伺いして、一緒に解決策を考えて治療をしていく。そして満足して帰っていただけるように努力しています。何かお困りのことがあったらすぐにご連絡ください。いきなり治療からはじまることはなく、相談からはじまり、お互いの意思の疎通ができてから治療を開始していますのでご安心ください。

まずはご相談ください。

一人でたたかう必要はありません。一緒にたたかいます。