横浜サトウクリニックでは長年にわたり免疫監視療法を行っています。免疫監視療法とは、主にがん患者における免疫監視機構の低下状態に着目し、体外より免疫刺激を加えることにより免疫監視機構の活性化を図って抗がん活性を誘導する療法のことです。
免疫監視機構や抗がん活性を誘導するなどのわかりにくい言葉がでてきますが以下に免疫のしくみや癌に関係する免疫、実際のがん治療について詳しく説明させていただきます。
この仕組みがわかると当院で治療に使用されているBRPの働きや効果についても理解しやすくなります。
また、よりよい治療効果を得るために2010年より温熱療法、2021年よりオゾン療法をとりいれていますので、併せて紹介させていただきます。
当院で行われている治療は、免疫力を活用しての身体にやさしい治療法です。
あなたとあなたを想う家族のために“免疫のちから”が少しでもお役に立つことを願っています。

治療の種類と免疫について

温熱療法(ハイパーサーミア)

温熱療法(ハイパーサーミア)とは、がん腫が熱に弱いという性質を利用して腫瘍を縮小させようとする治療です

リンク

免疫監視療法

免疫監視機構を賦活(活力を与えること)、改善して、がんや難治性免疫疾患などの病気の治療や体質改善をおこなう

リンク

オゾン療法

穏やかな炎症を誘導することで免疫細胞の機能を刺激した後に炎症と抗炎症のバランスを調整します

リンク

免疫のちから

細菌やウイルスなどの外敵が体に侵入してきた時に敢然と立ち向かい退治し、また体内で発生したがん細胞などから身体を守ってくれる働きや仕組みです

リンク

統合医療めざして

より良い効果が得られる治療法をとりいれていく統合医療をめざしていくことが、多くのがん患者さんの希望へとつながることだと確信しています

リンク