進行癌患者リンパ球のサイトカイン産生能の変化

下のグラフは健常人群、BRP治療有効の進行がん患者群、未治療進行がん患者群のリンパ球のサイトカイン産生量の違いを示しています。

(1)未治療進行がん患者群では、健常人と比較してがん免疫を強くするサイトカインであるインターフェロンガンマ(IFN-γ)グラフ①とインターロイキン12(IL-12)グラフ②の生産量は低く、逆にがん免疫を抑制するサイトカインであるインターロイキン10(IL-10)グラフ③の産生量は高くなっています。

(2)BRP治療有効の進行がん患者群では、未治療例と比較してインターフェロンガンマ(I FN-γ)グラフ①とインターロイキン12(IL-12)グラフ②の産生量は高く、逆にインターロイキン10(IL-10)グラフ③の産生量は低くなっています。

進行がんの患者さんでは、樹状細胞や1型ヘルパーTリンパ球(Th1)の機能低下を認め、がん免疫抑制状態になっています。
BRP治療により1型ヘルパーTリンパ球が優位となり、免疫抑制状態が解除されることによってサイトカインバランスも改善し、がん免疫が活性化されます。

治療の種類と免疫について

温熱療法(ハイパーサーミア)

温熱療法(ハイパーサーミア)とは、がん腫が熱に弱いという性質を利用して腫瘍を縮小させようとする治療です

リンク

免疫監視療法

免疫監視機構を賦活(活力を与えること)、改善して、がんや難治性免疫疾患などの病気の治療や体質改善をおこなう

リンク

オゾン療法

穏やかな炎症を誘導することで免疫細胞の機能を刺激した後に炎症と抗炎症のバランスを調整します

リンク

免疫のちから

細菌やウイルスなどの外敵が体に侵入してきた時に敢然と立ち向かい退治し、また体内で発生したがん細胞などから身体を守ってくれる働きや仕組みです

リンク

統合医療めざして

より良い効果が得られる治療法をとりいれていく統合医療をめざしていくことが、多くのがん患者さんの希望へとつながることだと確信しています

リンク