サイトカイン産生能からみたBRPの作用

では実際にBRPがリンパ球に及ぼす生理活性の一部を示します。このグラフはBRPのサイトカイン産生能に対する効果を示したものです。がん患者さんからリンパ球等を採取し、試験管内で濃度の違うBRPによって刺激培養した際のサイトカイン産生量を測定したものです。
縦軸にはサイトカイン産生量、横軸にはBRPの濃度を示します。このグラフでわかるとおりTh1(1型ヘルパーTリンパ球)関連サイトカインであるIFN-γ(インターフェロンガンマ)・IL-2(インターロイキン2)・IL-12(インターロイキン12)の産生量はBRPの濃度が上がるのに従がって増加する傾向にあり、逆に免疫抑制性のサイトカインであるIL-10(インターロイキン10)の産生量は減少していることがわかります。

免疫監視療法で投与されるBRP注射は、見張り番役・司令官役の樹状細胞やマクロファージを刺激して活性化させIL-12の産生を高めることで応援団役のTh1の活性を高め、更に活性化したTh1はIFN-γを生み出すことで患者さんが本来もっているキラーTリンパ球やNK細胞などの攻撃部隊を引き出し強い抗がん活性を導きます。

治療の種類と免疫について

温熱療法(ハイパーサーミア)

温熱療法(ハイパーサーミア)とは、がん腫が熱に弱いという性質を利用して腫瘍を縮小させようとする治療です

リンク

免疫監視療法

免疫監視機構を賦活(活力を与えること)、改善して、がんや難治性免疫疾患などの病気の治療や体質改善をおこなう

リンク

オゾン療法

穏やかな炎症を誘導することで免疫細胞の機能を刺激した後に炎症と抗炎症のバランスを調整します

リンク

免疫のちから

細菌やウイルスなどの外敵が体に侵入してきた時に敢然と立ち向かい退治し、また体内で発生したがん細胞などから身体を守ってくれる働きや仕組みです

リンク

統合医療めざして

より良い効果が得られる治療法をとりいれていく統合医療をめざしていくことが、多くのがん患者さんの希望へとつながることだと確信しています

リンク