温熱療法(ハイパーサーミア)とは

温熱療法(ハイパーサーミア)とは

温熱療法(ハイパーサーミア)とは、がん腫が熱に弱いという性質を利用して、腫瘍を縮小させようとするものです。
病巣部を中心に体表から対の電極板ではさみ、ラジオ波によって発熱を起こすことで選択的に局所深部の加温が可能となります。

正常な組織は、加温されても血管を拡張させ、血流を増やして熱を逃すことができるため、高温にはなりません。
がん細胞は急速に成長する際に、自ら新生血管を増やし、そこから酸素やエネルギーを取り込んでいます。この新生血管は通常の神経支配を受けていないため、高温の環境下におかれた場合、正常な組織のように血管を拡張して熱を逃がすことができず、容易に高熱となります。そのため、病巣部の温度を容易に41~43℃に保つことが可能となり、がん細胞の細胞死を誘導できるのです。

温熱療法のいいところ

生活の質(QOL=Quality Of Life)が向上します

がんによる痛みの穏和、食欲増進、体力回復、気分が良くなるなど、生活の質が向上します。がん治療のために今までの生活を犠牲にすることなく、本来の生活や仕事と、がん治療を両立することが可能です。

温熱療法はほとんど副作用がありません

従来のがん治療のような副作用がほとんどないので、身体に負担をかけず、何度でも治療を受けることができます。

がん組織への薬剤の取り込みを良くします

薬剤治療と温熱療法を併用すると、がん組織への薬剤の取り込み量が上昇することから、薬剤の効果を一段と高めます。

放射線治療の効果を増強させます

温熱療法を併用することによって、放射線効果を更に高めます。

日帰り治療が可能

治療のために入院をする必要がなく、日帰りで治療することができます。副作用や治療後の負担もほとんどなく、治療後すぐにお帰りいただくことが可能です。

当院の温熱療法について

サーモトロン-RF8(山本ビニター社製)による温熱療法を利用しています

当院で使用する温熱療法(ハイパーサーミア)専門治療器「サーモトロン-RF8」は、日本で唯一厚生労働省の認可を得たもので、身体の深部であっても熱に弱いがん病巣を効果的に加温できる高度な医療機器です。
また、この医療機器を使用した温熱療法は一部保険適用が可能です。詳しくはお問合せください。

温熱療法(ハイパーサーミア)の流れ

食事は温熱療法を受ける1~2時間前に済ませてください。
汗を多くかきますので、替えの下着を持参してください。(タオルは当院で準備しています)
1
治療準備

1. 待合室にて看護師が体温や脈拍、血圧などを測定します。
2. 更衣室で当院の治療衣に着替えます。
3. 身に着けている金属類(腕時計、ネックレスなどのアクセサリー、女性の場合はブラジャー等)を外します。

2
治療中

1. 治療時間は約45分です。
2. 部分的に皮膚が熱くなったり、痛みを感じたりする場合があります。その際は遠慮なくお声がけください。
3. 治療中、ご自身の好きな音楽を聴いていただくなど、リラックスした状態で治療を受けていただけます。ご希望の方はCDを持参してください。また、iPhoneをお持ちの方の場合にはそちらから音楽を温熱室のオーディオから流すことも可能です。

3
治療後

1. 汗を多くかきますので、水分の補給を十分に行ってください。
2. 着替えを済ませすぐにお帰りいただくことが可能です。(治療後、お休みいただくベッドも完備しております。ご遠慮なく看護師にお声がけください)

費用について

免疫監視療法とオゾン療法は健康保険適用外です。
温熱療法は健康保険が適用されます。一定条件がありますので詳しくはお問合わせください。

患者さんにやさしい治療

当院では、患者さんへの負担を減らして治療効果を上げる努力をしてまいります。
副作用がほとんどない治療法で、患者さんの生活の質を向上させます。

費用の目安

税込となります。詳細はお電話または外来窓口にてお問い合わせください。
1ヶ月にかかる費用の目安は次の通りです。

温熱療法
(1クール=6回)
16,500円(税込)

温熱療法1回分(自由診療)の費用です。
保険適用には一定条件があります。

温熱療法の副作用

生活が困難になるような強い副作用はありません。
加温中は皮膚表面にピリピリとした痛みを感じることがあります。また、長時間湯船に浸かったり、サウナに入った時のように汗を多くかきます。痛みがある場合には皮膚保護を行い、痛みを感じないように工夫しますので、ご安心ください。

温熱免疫監視療法について

自然免疫や獲得免疫で、体内に入った細菌やウイルス等の病原体、体内で発生したがん細胞などの変異細胞を監視してこれを取り除く働きを免疫監視機構といいます。免疫監視療法は、バランスの崩れてしまった免疫機能を、生理活性物質(BRP)を投与して正常に戻す療法です。
温熱療法は免疫監視療法との併用治療が可能です。温熱によってがん細胞の抗原性を高め、BRPの投与でがん患者さんの免疫細胞を活性化させて、さらに効率よく攻撃させるなど相乗効果を得ることができます。

温熱療法Q&A

Q
 どんながんにも効果がありますか?
A

脳・眼球を除くすべての部位に適用されます。がんの種類、組織型、病期を問いません。

Q
腫瘍(塊)がないと、温熱療法の効果はないのでしょうか?
A

腫瘍(塊)がない場合でも、温熱療法の免疫活性効果は得ることができます。

Q
温熱療法単独で効果はありますか?
A

温熱療法単独では効果が低く、免疫(監視)療法や化学療法、放射線治療と併用することで相乗効果が期待できると言われています。

Q
温熱療法を受けるにはどうしたらいいでしょうか?
A

まず当院で診察を受けていただき、治療可能かどうか検討させていただきます。
実際の治療は2回目の診療から実施していきます。事前に温熱室の見学も行っていますので、お気軽にお声がけください。

Q
治療は何回受けても大丈夫ですか?
A

何回でも可能です。当院では患者様の体力や病状に応じて、治療プランを立てています。
週に1回×6週(=6回)を1クールとし、3クール継続実施を目安としますが、副作用がないため、何回でも治療を繰り返して行えます。

治療の種類と免疫について

温熱療法(ハイパーサーミア)

温熱療法(ハイパーサーミア)とは、がん腫が熱に弱いという性質を利用して腫瘍を縮小させようとする治療です

リンク

免疫監視療法

免疫監視機構を賦活(活力を与えること)、改善して、がんや難治性免疫疾患などの病気の治療や体質改善をおこなう

リンク

オゾン療法

穏やかな炎症を誘導することで免疫細胞の機能を刺激した後に炎症と抗炎症のバランスを調整します

リンク

免疫のちから

細菌やウイルスなどの外敵が体に侵入してきた時に敢然と立ち向かい退治し、また体内で発生したがん細胞などから身体を守ってくれる働きや仕組みです

リンク

統合医療めざして

より良い効果が得られる治療法をとりいれていく統合医療をめざしていくことが、多くのがん患者さんの希望へとつながることだと確信しています

リンク